〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

ナショナルギャラリー

ジュビリーマーケットと素敵なハムヤード

先日は、セントラルのマーケットの中ではいちばん好きなジュビリーマーケットへ。ここはコヴェントガーデンで開催されるマーケットで、毎週月曜日はアンティークです。
ポートベローに比べたら安いです。
IMG_0609
ほんとアンティークマーケットは宝探しのようで楽しいです。ここで知り合った日本人の方にとても素敵な情報をいただきました!とあるストールなのですが、そこは正直ケンプトンマーケットよりも安いと思います。
彼女は年に1回語学留学とアンティークマーケット巡りをするためにヨーロッパに来ているそうです。ロンドンの前はベルギーやパリに行き、デボン州で語学留学した後にここロンドンに来て、この後はマドリッドに行く予定のとこ。すごいバイタリティーにあふれています。しかも語学の勉強は48歳から始めたとのこと。学ぶのに始める年齢は関係ないのだなと改めて実感しました。
IMG_0611
ちなみに、こちらは同じコヴェントガーデンで開催されているアップルマーケット。
IMG_0610
その後、駐在中に知り合った方の大学生の娘さんKちゃんとランチ。場所はHam Yard(ハムヤードをセレクト。滞在中に一度は訪れたかったので。
IMG_0623
インテリアが秀逸なので。
IMG_0614
ランチコースには食前酒が付いてました。美味しい!
IMG_0615
こちらは私が選んだファーストのカルパッチョ。グレープフルーツソースがさっぱりしています。
IMG_0616
こちらはKちゃんが選んだビーツのコロッケみたいなもの。マンゴーソースで美味しい。
IMG_0617
こちらは私が選んだセカンドのポークベリー。こちらは本当に皮付きがあるのですが、ちょっと苦手。しかも硬くであまり美味しくなかった。。。。
IMG_0618
こちらはKちゃんの白身魚のグリル。こっちにすればよかった。。。
IMG_0619
インテリアはオリエンタルミックスって感じです。
IMG_0620
この融合は何度も言ってますが素晴らしい!
IMG_0621
その後、夜の予定まで時間があったのでナショナルギャラリーへ。
IMG_0625
建物自体が美しいです。
IMG_0626
今回気に入った絵はこちら。ヴェネチアです。ヴェネチアはイタリアでいちばん好きな街です。また行きたいな〜
IMG_0627
まだ時間があったのでコーヒーブレイク。カップのコーヒーも絵になりますね。
IMG_0624
夜はタパスバー「PIX-Bar」へ。昔の会社の上司でロンドン駐在中の方と。以外と昔話よりもこれから先の話がたくさんできてとても楽しかったです!
IMG_0630
夜はタパスくらいの量が一番いいですね!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

受けてよかった!「歩く美術史教室」

先日「歩く美術史教室」に参加してきました。
せっかくロンドンでは有名な美術品や絵画が無料で観られるので、どうせならもうちょっとお勉強しようかな?と思って申し込んでみました。

今回は13世紀から16世紀までの宗教画〜ルネサンス期。おもにナショナルギャラリーのセインズベリー翼にある絵画になります。この時期だと私はボッティチェルリとダヴィンチが好きですね〜みんあそうか!

こちらがセインズベリー翼。1991年に完成した比較的新しい建物です。こちら名前のとおりあのスーパーのSainsburyが寄付したそうです。すごいですね〜
IMG_6635
今回いくつか絵画史のキーとなるもの、有名な物についてレクチャーいただきましたが、特に印象に残っている物をご紹介します♪

まずはこちら。ナショナルギャラリーが所蔵している中で一番古い絵画だそうです。いわよる宗教画で、その目的は観賞用ではなく文字が読めない人々に対する聖書の役割を果たしていたそうです。後ろの小さな絵のそれぞれには有名な聖書の話が描かれているとのこと。絵画というより漫画に近いですね。
IMG_6636
次はこちら。上の絵画から約50年後に書かれたものです。奥行きとか表情と陰影が備わってかなり新しさを感じます。描かれているのは「精霊降臨」。レッスンでは「精霊降臨」についても詳しく教えていただけます。こういうのもちゃんと習わないとわからないね〜面白かったです!
IMG_6637
お次はこちら。聖母マリアの戴冠式の様子を描いた物です。上の絵からは約100年後のもの。遠近法も確立されました。周りに描かれているのは使徒。鍵を持っているのがペテロ、毛皮を来ているのがヨハネとか携行している物でその人物を表していたんですって。ちなみに真ん中の青い服を着ている人がキリスト。この青はよくマリアの洋服とかキリストの洋服を描くのに使われる色です。宝石のラピスラズリを使っているそうです。その理由は・・・是非レッスン受けて下さい♪
IMG_6638
お次はネーデルランド絵画。上の絵画からは約25年後の作品です。ネーデルランドといえばブリューゲル、ルーベンス、レンブラント、フェルメールが有名ですが、この巨匠たちに影響を与えた絵画ということになります。人の生活を描いている点や陰と光を描いている点がまさしく!って感じです。
この絵には細かく観れば観るほど面白い部分がたくさんあるみたいです♪このあたりも詳しく説明していただきます。
IMG_6641
ちなみにこちらは上の絵画の奥に描かれている鏡。よ〜く観て下さい。面白いでしょ〜こんな小さな部分をこんなに細かく描いているなんて・・・・左にあるあるパールの数珠みたいの拡大しても本物みたいですよね。。。。
IMG_6642
お次はかの有名なダヴィンチの「岩窟の聖母」ダヴィンチコードで一躍有名になりましたよね〜
ルーブルとなぜ2枚あるのか?詳しく説明いただきました。ちなみに私はナショナルギャラリーのほうが好きです。描かれているのはマリア、キリスト、洗礼者ヨハネ、大天使ガブリエルですが、実はマリアの母アンナも描かれているのがそうです。詳細は書きませんがこの解釈が実に面白い!
IMG_6644
そして、こちらはボッティチェルリの作品。下の家具に絵がはめ込まれていますが、本来この絵画もこのように家具に埋め込まれていたそうです。この家具嫁入り道具なのですが、描かれているのはヴィーナスとマルスの不倫現場。これって反面教師の役目なのかしら???しかし、この柔らかいタッチ、大好きです!
IMG_6647
こちらはダヴィンチの下絵。くら〜い部屋にひっそり飾ってあります。またまたアンナ・マリア・キリスト・ヨハネ。この題材人気だったんですね〜アンナの表情の意味など詳しく教えていただけます。
しかし恐ろしいほどの上手さですね。。。これ完成しなかったのもったいないな〜
IMG_6650
こちらはラファエロの「アレクサンドリアの聖カタリナ」ラファエロらしい柔和は優美さを湛えています。彼女を拷問した車輪を持っているのが特徴なんだそうです。ちなみにこのポーズ顔の向きは逆ですがムリーリョの「無原罪の御宿り」に似ているような。
IMG_6648

といった感じで(といってももっと他にもいろいろ教えていただいてます!)、やはりちゃんと習わないと知らないことがたくさん!そしてここで伺うことで他の絵画を観る際にも役立つことがたくさん!正直ロンドンに来て最初に習うべきものだったかも〜!!!

パート2も是非都合付けて受講したいと思います!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
  • 桜アフタヌーンティーPart2
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ