〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

カラン

英会話学校難民とエクスチェンジカフェ

私は英会話が全くダメでこちらに来てからカランメゾットのスクールに約1年通っていたのですが、前回日本に帰ったのを機に止めてしまいました。

理由は、

①クラスがしょっちゅう閉鎖になり下のクラスと統合される
② 先生の中にあまりにもやる気の無い人がいる(もちろんいい先生もいます)
③外国人と仲良くなりにくい(授業中は先生としか話さないので)

といった感じ。もちろん1年間も通ったので少しは効果はありました。

① レストランの予約が電話でなんとかできるようになった(今でも嫌ですが)
②カフェに気軽に入れるようになった
③ひとり旅ができるようになった(これが私としては一番大きい!)

でも今回止めて他の学校を探すため体験レッスンを受けることに。
ひとつは「West London English School」もうひとは前回も1度受けたのですが「Edwards Language School」です。 ほんとエーブロは語学学校が多くてありがたいです。

まずこちらはWest London〜目の前が公園で環境がいいですね〜
IMG_6747
ちなみにこちらがカランメゾットの「A1 English of school」の入り口。最初ひとりで入って行くのが怖かったのを覚えています。。。。
IMG_6748
そしてこちらが普通のフラットの地下にあるEdwards。
IMG_6820
以前、カランのA1とEdwardsを比較しましたが(★その時の記事はこちら★)、West Ealingの長所短所は次の通り。

「West Ealing English School」
   長所:先生が熱心。授業以外でもメールでものすごくサポートしてくれます。
      環境がいい。カリキュラムがしっかりしている。生徒同士で話時間を多く設けてくれる。
      スピーキングにも力を入れてくれる。
   短所:値段が高い(ただし長期で入れば割引率が高い)

とってもいい学校であることがわかりました。しかも体験レッスンも一週間無料。長く申し込める方には一番おススメです。

Edwardsもフレンドリーでいいのですが、こちらはスピーキングにはあまり力をいれてません。以前も書きましたが話す時間が他の学校に比べて圧倒的に少ない。グラマーも含め総合的に力をアップしたい人向き。それと外国人のお友達ができやすい。また、日本人はグラマーはある程度できてスピーキングを強化したい人が多いので、春以降にハーフタイムのコースにもスピーキング強化クラスを作る予定と行ってました。

といった感じで、結局決めきれず英会話学校難民の私は無謀にもどの学校にもいかないことにきめました(プライベートレッスンをもう一度ちゃんとうけることに)。でもってこれから自分で勉強しなければ
ならないのですが、決意表明も兼ねて書いておきたいと思います。

①レアジョブ(これは昨年3月からずっと続けてます。正直一番効果あるかも?)
②瞬間英会話(あの有名な本のです。結構効果あるような気がするので続けます)
③英語が話せるお友達(Eちゃん)とカフェで英会話
④BBCのドラマ鑑賞(後からサイトでもう一度みられるので勉強になります)
⑤英語の本を読む(子供向けのオズの魔法使いを読んでます。子供向けなのに知らない単語ばかり・・・)
⑥エクスチェンジに積極的に参加
⑦プライベートレッスン(1週間に1回くらい?)

といった感じ。まあもう少し余裕があれば英単語Duo3.0を復活させたいのですが今お休み中。
でもってエクスチェンジはこの間久しぶりに私の英会話の師匠Eちゃんと行ってきました!
彼女はTOEIC900点以上だし、かな〜ち話せます。それでも週5で英会話学校に通っているスゴイ人です。(★前回のエクスチェンジの記事はこちら★)

この日は結構人数が多かったです。全部で20人ちょっと。日本人も6人くらいいました。前回よりもちょっとは話せるようになっていたかな?でもあまり話せなくてもみんなフレンドリーなので安心です。
話すようになるには実践が一番とみな話せる人は口を揃えていいうのでなるべく定期的に通うようにして実践の場を作って行きたいと思います!
IMG_6818


読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

英会話学校に通うぞ!

私の住んでいるロンドンの西のほうは日本人が多いですし、基本、日々の生活には
英語があまり話せなくてもそれほど困らないのですが、やはりせっかく英語圏に
住んでいるのだから英語がしゃべれるようになりたい!(今年の抱負でも書きましたよ〜) 

ということで、英会話教室に通うことにしました。 

季節は冬。天気は悪いし陽も短いので、まずは家から近い方がいいなと思い
Ealing Broadwayの英会話学校から探すことにしました。
 
でいろいろ考えたのですが、サイトでしらべたらお友達に聞いたりして候補は2つ

「Edwards English Langage school 」
「A1 School Of English」 

です。

Edwardsは体験レッスンも無いのでお友達から聞いた話によるといわゆる普通の
英会話学校、A1はイギリス発祥の普通の4倍の早さで英会話を取得すると謳って
いある「カランメゾット」です。せっかくイギリスに来たんだし、私の最大の課題は
とっさに英文が口から出てこないことなので、まずはカランにしてみるか?と思って
A1のほうにの3から入ることにしました。


IMG_4183

掲載されている例文が旦那に言わせるとかなり格式高い言い回しだそうです。
(つまりかなり長い文章で全てを答えます)

また、例文の中には・・・・

・Has each student got two heads?       
 → 学生は頭を2つずつ持ってないよ。みんな頭は1つずつ持ってるんだよ。
   
と美しい英語で答える。
・what did you use to answer the last question?
 → わたしゃ声を使って答えたよ。と美しい英語で答える。 

というのがあって、とっても?????な感じのにもなります。

ちなみに、そもそもこちらはMr.Callanが「イタリア人」のために作った手法らしいです。
と若干不安を覚えますが、論より証拠、お友達がめっちゃ英会話ができるようになって
いるのでまずは週8時間1ヶ月コースでがんばってみま〜す!


読んでいただきありがとうございます!
↓励みになりますのでこちらポチッとお願いします!

  にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
  • 遅めの夏休み 別府・湯布院 その2
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ