〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

2016年09月

イタリア・プーリア州ひとり旅その5 旅の拠点バーリ

初日と最終日はバーリに泊まりました。今回の旅の拠点です。
初日は旧市街の近くのパレスホテル。最終日は駅前のレオンホテルにしたのですが、これが大正解。どこに行くにもバーリセントラル駅周辺からになるので大変便利です。いろいろ回られる方にはオススメします。

バーリでは2回夕食をとりましたが(1回目は旅の初日の記事に記載)、2回目は「Ai 2 Ghottoni」
またまた予約してませんでしたが、入れました。
IMG_0549
入り口にはこんな新鮮な魚介類が!
IMG_0547
ちょっとお腹がいっぱいだったので、今回は最初からこの魚介のパスタをオーダー。
これが、また大当たりでした。私的には今まで食べた魚介のパスタの中でNo.1です。麺のコシと硬さ、小麦の味、魚介のスープのコクと塩加減が最高!めちゃくちゃ美味しかったです。
IMG_0546
少し、お腹に余裕があったのでデザートをオーダー。今回イタリアに来て一度もティラミスを頼んでなかったので・・・が、しかし・・・出てきたのがこちら。。。クッキーやらチョコやらケーキやら次から次へとスウィーツが出てきます。絶対に食べられません。。。
ティラミス自体の味はまあまあってとこです。
IMG_0092
その後、散策しながらホテルに戻りましたが、夜の街も綺麗です。
IMG_0548
そして、マテーラから帰ってきた日もフライトまで時間があったので、街を散策。
こちらはウンベルト公園。
IMG_0199
ウンベルト公園から旧市街に伸びるスパラノ・ダ・バーリ通りは高級ブランドが立ち並んでいるのですが、フォトジェニックな建物がたくさんあります。
IMG_0545
いろんな意味で魅力的な通りです。まあ買い物は我慢ですけどね。
IMG_0544
その後、旧市街のサン・サビーノ聖堂へ。とてもシンプルな造りですが青い空に白い建物が映えます。
IMG_0209
こちらはサンニコラ聖堂。
IMG_0214
その後、セッッカうバーリに来たのだからと海沿いのヴェネチア通りを散策。
IMG_0220
と、ここで、結構時間が迫ってきたので、空港に向かいました。

3泊4日のイタリア・プーリア州&マテーラの旅、いろいろ反省点はありますがとても満喫できました。
楽しかったです。見所もあるし、美味しいし、物価は安めだしオススメなので是非行ってみてください。

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

pichicoちゃんのフラワーアレンジメント

イタリア記事が続いたので、最後のイタリア記事の前に一服。
先日ご紹介したハロウィンティーパーティーで作るフラワープチアレンジメントを担当してくれるpichicoちゃん作品紹介です。

pichicoちゃんは5年間のロンドン駐在中に4年間お花を習ってました。ロマンティックからモダンなものまでとても幅広いジャンルをセンスよく美しく作り上げていきます。

まずこちらはベジタティブ縦型(植物がまるで自然に生息しているかのように見せるスタイル。
スナップドラゴンの自然な形をうまく活かしてます。
IMG_0364
こちらはランドスケープ(形式の一部を切り取ったようなスタイル)。実際にハイドパークに落ちていた枝や木の実を利用したんですって。
IMG_0366
こちらはSシェイプ(ホガーズシェイプ、イギリスの画家ウィルアム・ホガースが「なんと美しいライン!」と好んだスタイル)本当お花のセレクト・組み合わせ方がとても素敵なんですよね。
IMG_0367
こちらは可愛らしいベジタティブ・ラウンド。グルーピングも取り入れてます。大人ロマンティックがテーマ。これ私自身かなり好みだわ。。。
IMG_0365
こちらはボウシェイプ(弓形スタイル)こちらもパープルをメインにラナンキュラスやカラーといった色気のある素材を使って大人な雰囲気。素敵ですね✨
IMG_0368
また、pichicoちゃんはロンドンでのパーティーイベントにもお花を提供していました。
こちらは「ブラック&レッド」がコンセプトのパーティー。赤いケイトウと芍薬がドラマティックで印象的です。きちんと参加者がお持ち帰りできるサイズも用意しています。
IMG_0541
こちらのテーマは「マリーアントワネット」ベルばらと言うよりはソフィア・コッポラ監督の映画の世界で大人ロマンティックなイメージです。ローズと紫陽花がゴージャスかつロマンティック。
IMG_0542
こちらは「ホワイトワンダーランド」。静寂なホワイトカラーをベースにカラーリリーの淡いパープルとスノーベリーの淡いピンクがアクセントになっています。
IMG_0543
pichicoちゃん自体はふんわりとしたかわいらしい女性です。お花とたわむらながらきっと癒される時間をご提供できると思います。楽しみにしていてください。


「アフタヌーンティー大好き♡by AtSpice」で企画したアフタヌーンティーパーティー@Japanのご案内です。まだ若干お席があります。お申し込みお待ちしております♪

詳細はこちらの通り。ドレスコードは「オレンジ&ブラック」です。(ピアスでも靴でも何でもいいので身につけてきてください!何もない場合はご相談ください)
メイクは気持ちWitch(魔女)風にアイラインを跳ね上げめで!笑

スライド1

お申し込みは2016年10月15日まで。precioustime787@gmail.comまでメールください。

楽しい会を計画中なので是非お楽しみに♪


読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

イタリア・プーリア州ひとり旅4 陸の孤島マテーラ

4日目はマテーラです。
バーリの魚介パスタについて書こうと思ったのですが、それについてはこの後の記事でバーリ観光と主に書きますね。

マテーラは1993年に世界遺産に登録されています。サッシと言われる洞窟住居で有名です。その歴史は古く8世紀〜13世紀の間に修行僧が住みついたのだそうです。マテーラはプーリア州ではくバジリカータ州にあり、なかなか行きにくい場所のため「陸の孤島」と言われています。バーリからは「Ferrovie Appulo Lucane線」という私鉄でいきます。バーリセントラルに向かって左手にある駅です。丁度空港から到着する駅のすぐ横に入り口があります。

バーリ〜マテーラは往復約10ユーロ。時間は時間40分くらいです。この日夜のロンドン便が21時発だったので時間はまあまああったのですが、なんといっても本数が少ない!!!!なのでちょっときちきちのスケジュールでした。行かれる際は必ず時刻表をチェックしてください(時刻表・TrainSheduleの所をごらんください。他にバスの時刻表も載ってます)また、日祝は鉄道は通っておらずバスになります。私は行き帰りとも直通に乗ったのですが、電車によっては途中の「Altamura(アルタムーラ」という駅で乗り換えなので気をつけて下さい。小さな駅なので乗り換えはすぐにできそうです。

私は電車に乗るとすぐに寝てしまう性質なのであっという間にマテーラに到着!旧市街へは歩いて5分くらいです。

こちらは散策の起点となるヴィットリオ・ヴェネト広場。そぐ横に最初のパノラマビューポイントがあります。帰りの電車を考えると滞在時間が2時間半弱。お昼も考えると効率よくまわらねばなりません。
Googleマップでなんとなるのですが、電池切れになるのが恐ろしいのでマップをインフォメーションで購入しました。いろんなルートが書かれているので便利です。
IMG_0371
すごい!素敵な眺めです。石灰石でできているのですが真っ白じゃないところが廃墟感が漂っていていい雰囲気です。写真中央奥にあるのがカテドラル。次はここを目指して歩いていきます。
IMG_0370
カテドラルへの道の途中、少し左にそれるとにいくつも素敵なビューポイントがあるので色々探ってみてください。
IMG_0384
太陽が出たり出なかったりだったのですが、出たない時の写真もそれなりに雰囲気あっていいですね。
実はマテーラは夕方から夜がいいのだそうです。ライトが灯るので。そのためには宿泊するのが一番だそうで、、、今回見られないのはとても残念。
IMG_0385
カテドラルに到着です。あっという間で、広場からは5分くらい。
IMG_0372
カテドラルからの眺め。左奥に先ほどいたビューポイントが見えます。
IMG_0373
その次にカテドラル空右下の降りていきます。そしてたどり着いたのはこちら!真ん中の岩の中に建てた教会が印象的!
IMG_0374
岩の教会まで行きたかったのですが、ちょっと時間がないかな〜と言うことで、その後、上に上がっていきます。道はこちらも迷路のよう。安全な街ですが、人っこひとりいない道もあるので夜だとちょっと女性ひとりだと怖いかな。
IMG_0388
程なくこちらのサン・フランチェスコ・ダッシジ教会の広場にたどり着きます。丁度結婚式が終わったところだったようです。
IMG_0387
この辺りはかなり華やかな通りです。
IMG_0375
最後のビューポイントはランフランキ邸前。岩の教会とカテドラルの塔が一緒にみられます✨
IMG_0376
その後、ランフランキ邸近くのカフェレストランで昼食。
IMG_0377
これはアペタイザー。やはり量が多い・・・
IMG_0378
こちらは名物「オレッキエッテ」耳たぶ型のパスタです。とってもシンプルながらめちゃくちゃ美味しい!イタリアんそーソーセージ&クリームです。是非食べていただきたい!
IMG_0380
その後、少し時間があったので途中の教会にぷらっと。ドクロのドアが気になります。
IMG_0381
中は意外にも素敵でした✨
IMG_0382
その後、町を軽く散策してバーリに戻りました。
最後のバーリの記事は後ほど!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

イタリア・プーリア州ひとり旅3 ポリニャーノ・ア・マーレ

3日目はアルベロベッロから一度バーリに戻り、そこからポリニャーノ・ア・マーレに向かいます!
ここはガイドブックにも載ってないリゾート地。宇多田ヒカルが結婚式を挙げた教会がここにあるということと美しい洞窟レストランで有名です。

バーリからはレッチェ行きの電車で約30分。片道2.5ユーロと気軽に行けます。
途中アドリア海が見えるので座るならば進行方向右側がオススメです。
駅前の道をまっすぐ進み旧市街に入ります。
IMG_0265
突き当たりを少し右に行くとお目当ての「Grotta  Palazzese」にたどり着きます。
入り着とはこんな感じで。見逃しやすいので気をつけて下さい。
IMG_0250
予約をしてないし、一人だけど入れる聞いたところOKとのこと。階段を下って行くと洞窟レストランに!
IMG_0236
かっこいい!
IMG_0235
すぐそこまで迫ってくる海が綺麗です。
IMG_0240
グルンと向こう側にも席が。
IMG_0247
本当素敵でした。このレストランは夏場しか空いてません。またランチは14:30までなのでご注意を!
IMG_0245
ますはビール!
IMG_0237
こちらはパン。パン自体も美味しいのですがとにかくオリーブオイルがかなり美味しかったです。
IMG_9939
で、お腹がいっぱいになってしまうのが嫌なのでパスタのみオーダー。これがめちゃくちゃ高い!
このパスタなんと一皿40ユーロです!ナスとエビとレモングラスのパスタです。お味はかなり美味!
普通のこちらのレストランにしては量が少ないですが、日本人には丁度いいです♪
ここは大好きな方と一緒にロマンチックな時間を過ごすのが良さそうですね。一人で食事しているアジアン人は皆無でした!笑
ビールとパスタ一皿で57ユーロだからなかなかです!
IMG_0242
その後、旧市街を散策。やはり迷路みたいで散策が楽しい。
IMG_0231
IMG_0232
その後一番有名なカランク✨へ。旧市街からはすぐです。美しい✨
IMG_0253
下に降りてみることに。と、ウェディングの撮影中。他にももう一人カップルがいました。
この後、近くを歩いていた老夫婦が「うん10年前私たちもここで結婚式を挙げたんだよ〜」って言ってました。微笑ましいですよね!おしあわせに♡
IMG_0255
カップルの背後にはこの形式が広がります。先ほどのカランクの写真はこの橋の上から撮ってます。
IMG_0024
下に降りるとこんな感じ!素敵です。あれ?あの左側の先にも人がいる!行ってみよう!
IMG_0258
で、着てみたらこんな感じに!
こちらからは先ほどのカランクがこのように見えます。とっても気持ちが良い場所です。
IMG_0261
少し角度を変えて。ほんと気持ちがよくてしばし佇んでいました。
IMG_0260
ポリニャーノ・ア・マーレかなりオススメです。あの洞窟レストラン以外にも海が見られるレストランが多数ありました。パスタ40ユーロ払わなくても十分楽しめそうです♪
また、バーリ空かなり近いのでここに一泊してもいいかもしれません。オススメです。

この後、バーリに戻り今まで食べた中で最高の魚介パスタをいただきました。そのれはこの次の記事で!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

イタリア プーリア地方ひとり旅2 カステッラーナ洞窟&アルベロベッロ

2日目はアルベロベッロに向かいます!
が、その前に白の洞窟と呼ばれるカステッラーナ洞窟に立ち寄ることにしました!
バーリからSus-est戦で向かいます。この駅がちと見つけにくい。。
バーリセントラル駅のチケット売り場横の地下道をますぐ抜けて右側に看板がでてくるので上に登ると駅です。私はわからずイタリア人のカップルに聞きました!笑
2016-09-23-02-08-51
こちらがチケット。イタリアの鉄道は時間内なら途中下車が可能!この線は7時間有効でした。ちなみに必ず刻印は忘れないように!私はローマで忘れて罰金€20くらい払いました。。。
2016-09-23-02-09-36
洞窟のある駅Grotte di Castellanaは無人駅!しかも駅看板も全くありません。。しかも電車はよく途中で停まるので駅に着いたとなかなか気づきにくいのです。でも誰かがGrotte!!!と叫んでくれたのできづきました。バーリから行くとひとつ手前の駅がCastellana Grotteと似たような名前なので気をつけてください。
2016-09-23-02-15-42
駅からは5分くらい駅を背に左斜め前にこのような塔があるのでこれを目指してください!お店の前を右に曲がればチケット売り場とトイレがあります。ちなまに荷物預かり所はありません。どなたかのブログで受付で預かってくれたと書いてあったのですが、この日は到着したら午前中にもかかわらず50人以上の人がいたので無理だなぁと思いました。つか、電車が遅れて11時のツアーギリギリだったのでチケット購入も焦っていたので。。ちなみにツアーは1キロコースと3キロコースがあります。3キロコースにしないて白の洞窟は観られません。英語の3キロコースツアーは11時と16時でした。時期によって違うので必ずサイトで確認してください!
2016-09-23-02-15-24
さあいよいよ洞窟です!ちなみに、私はアルベロベッロに宿泊予定でその途中だったので3泊4日分の荷物をずっと担いで歩きました!やればできる!
2016-09-23-02-11-04
こちらは入り口の洞穴。これ自然にできたものとは!おどろおどろしい!
2016-09-23-02-12-35
こっちはこの間行った屋久島みたい!
2016-09-23-02-12-41
ここから中に入っていきます。残念ながら写真撮影不可。。涙
最初の洞穴がゴブリンの住処、次にドワーフの住処に行き、最後エルフの住む白く輝く世界に行くって感じです。ファンタジー好きにはいろいろ想像を駆り立てられめちゃくちゃ楽しかったです!
結構道が狭く、持ってる荷物で何千年もかけて育った鍾乳石を壊してしまわないか心配しながら歩いてました。中は奥に行くほど湿ってます。滑らない靴必須です。
2016-09-23-02-13-21
外にポスターがあったので一応パシャり。まあホンモノを観てください!
水晶の池とかも有るんですよ〜ほんと美しくかった✨


2016-09-23-02-15-06
その後アルベロベッロへ。もちろん世界遺産です。
行く途中の電車の中で、かなりアジア人が珍しいらしく可愛らしい中学生くらいの男の子たちがいろいろ話しかけてきて、最後に一緒に写真セルフィして!って言われおばさん思わずオッケーしちゃいました!
それはさておきこちらがお宿。トゥッリに泊まりたかったのよね〜
2016-09-23-02-16-20
パネラマビューポイントで撮影!ちと曇ってる。。
2016-09-23-02-19-42
翌日、朝撮ったのがこちら!
2016-09-24-00-59-29
こちらも!朝は歩いてる人が少なくて散策&撮影にかなりオススメ!
ちなみに屋根の模様の意味は解明されてないんですって。
2016-09-24-00-58-51
逆側から!
2016-09-24-01-06-38
繁華街から外れた道もステキです。
2016-09-24-00-59-53
かわいい。。
2016-09-24-01-00-13
みどりをまとった姿も!
2016-09-24-01-05-26
眺めながらビール!
2016-09-23-02-20-00
長くなりましたので続きは次の記事で!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6
ギャラリー
  • Today's Tea Time♪ ボンネットワークショップ
  • Today's Tea Time♪ ボンネットワークショップ
  • Today's Tea Time♪ ボンネットワークショップ
  • Today's Tea Time♪ ボンネットワークショップ
  • Today's Tea Time♪ ボンネットワークショップ
  • Today's Tea Time♪ ミッドウィンターコーディネート 
  • Today's Tea Time♪ ミッドウィンターコーディネート 
  • Today's Tea Time♪ ミッドウィンターコーディネート 
  • Today's Tea Time♪ ミッドウィンターコーディネート 
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約