〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

2016年08月

スリランカの旅 その5 紅茶博物館とゾウの孤児園

スリランカの旅のブログもそろそろ終盤です。あと2回お付き合いください。

1日目  成田→コロンボ スリランカ航空で約9時間半! ニゴンボ泊
2日目  ダンブッラ&シーギリヤ観光          カンダマラ泊
3日目  ポロンナルワ観光               カンダマラ泊
4日目  キャンディ観光                キャンディ泊
5日目  キャンディ観光                カルータラ泊
6日目  コロンボ観光                 カルータラ泊
7日目  カルータラ→コロンボ→成田
8日目  日本着

さて、キャンディからカルータラに向かう途中に、まずは紅茶博物館に立ち寄りました。本当はもちろんヌワラエリヤに行きたかったのですが、キャンディから80kmも山道を走ると聞いたので止めました。
こちらが紅茶博物館。以前紅茶工場だったところです。
IMG_8310
中ではお茶っぱから紅茶を作り出す過程を丁寧に説明してくれます。
IMG_8299
今までスリランカ人の英語がとにかく理解できなく(とにくシーギリヤのガイドさんの英語は癖が強く、英語が話せる旦那でも理解不能だったみたいです)少々落ち込んでましたが、こちらの説明はとてもわかりやすい英語でちょっと嬉しかったです。まあ大好きな紅茶の説明ってことで前知識があったから理解しやすかったのかもしれませんが。
IMG_8305
こちらは昔の工場だった時代の模型図。
IMG_8300
こちらはスリランカのセイロンティーの産地と茶葉。
IMG_8309
IMG_8308
お茶に使われた陶磁器も展示されています。結構割れちゃってて残念ですが・・・・お茶の道具&陶磁器は眺めててホント飽きません♡
IMG_8303
最上階からの眺め✨
IMG_8307
入場料には最上階のでいただく紅茶が含まれています。めっちゃ荒いサーブですが紅茶自体は美味しい♪
IMG_8306
その後、いつの間にか動物好きになっている旦那の希望でピンナワラのゾウの孤児園へ。
入場料が現地の方と旅行者で分けられていました。旅行者は結構高いです。
最初数頭からスタートした孤児園が今では100頭あまりだそうです。
近づいて一緒に撮影することもできます。(スタッフにチップ請求されますが)
IMG_8311
こちらは子象は気が荒いらしくちょっと別のところの柵の中にいました。
旦那がガイドさんから「この象は気が荒いので絶対に近づかないように」と説明を受けている時に私の悲鳴が!!!!私は説明を聞かず、注意を促す案内板も見逃していたので近づいて撫で撫でしながら撮影していたら、なんとワンピースの裾を鼻で捉えらえてしまいました。物凄い力で引っ張られてかなり焦りました。周りの観光客の助けを借りてなんとか綱引きに勝つことができました。
まず、スカートじゃなくてよかった(間違いなく脱げていた)。そして、丈夫な麻のワンピースを着ていてよかった(間違いなく破れてた)。ワンピースはゾウの鼻水だらけに・・・・
IMG_8312
その後、水浴び場へ。食事をしながらその時を待ちます。ちなみに水浴びの時間は10−12と14−16の1日2回だそうです。
IMG_8313
待っているとだんだん象が増えてきました。気持ち良さそうです。
IMG_8318
ちなみに、象は毎日大量の繊維質たっぷりな草を食べるのでその”うんち”からは紙ができるそうです。
ゴワゴワしたちょっと味のある紙です。
IMG_8319
その後、カルータラへ向かいました。
が、しかし、またハプニングが!
なんと予約していたホテル(アナンタラ・カルータラ・ホテル こちらは5つ星)が開業していない!!!!まぢぃ〜?近くにあった姉妹ブランドのAVANI(こちらは4つ星)へ問い合わせたところ工事が遅れて開業が延びたそうです。。。こんなことってあるんだ・・・・

急遽AVANIのジュニアスウィートを用意しれたのですが。まあちょっと色々ありまして。。
IMG_8324
でおこちらはあのバワさんの建築の名残があるホテルでなかなか美しかったです。
IMG_8323
それにこれまたサンセットがとても美しかった✨
雲に隠れず水平線に沈む夕陽ってなかなか見られないですからね〜(太陽が見にくい写真ですみません)
人が少なくとてもいいビーチです。波が恐ろしく荒いけど。
IMG_8322 (1)
かなり焦ったけど、なんとかゆっくりビールを楽しむことができました。
この花瓶に挿さっているのはヤシの実です。
しかし、毎度思いますが、こういうハプニングが起きた時に全く動じない旦那の心臓はスゴイ。私は必要以上に焦ります。一気にアドレナリンが出てくるみたいです。旦那曰く「焦っても何も解決しない」。そりゃそうなんですけどね〜
IMG_8325
なんか長い1日でした。
次はコロンボ観光で〜す。

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

これは使える!ラ・バガジェリーのお出かけ3層ポーチ(なんと雑誌付録)

ちょっとスリランカネタが続いているのでここでブレイク!

今回の旅行のために買った雑誌(というより雑誌付録に惹かれて買ったのですが・・・)、「大人のオシャレ手帖 9月号」の付録がめちゃ使えます!

こちらの「ラ・バガジェリー」のポシェットです。ラ・バガジェリーは1954年にパリのシャンゼリゼでオープンしたブランド。コンセプトは「コンフォータブル・エレガンス」だそうです。素敵なコンセプト✨

そのなんとも上品な斜めがけもできるお出かけ3層ポーチ(つまりポシェット?)が付録で付いてくるんですよ。雑誌の付録は時々大当たりがありますが、まさにこれは大当たりです(私にとってね)。

柔らかなオフホワイトの型押しの合皮素材は高級感がありますし、幅は約23.5cmと長財布も入る便利な長さ(高さ×幅 約16.5×約23.5cm、ストラップの長さ 約120cm)。さらに渋めのゴールドで型押しされたブランドロゴが素敵です。
IMG_8112
で、「3層お出かけポーチ」とある通り裏側は2つもポケットがあるんです!

私は旅行の時、機内持ち込みバックや街歩きバックはトートバックが多いのですが、これはバックインバックに最適!外貨やパスポート、メモ帳、スマホ、ミュージアムなどの半券も綺麗に整理できます。

もちろん街歩きの時はこれを肩がけしてもいいですよね。あとは、ホテルのビュッフェなどは両手が使いたいですし、席に荷物を置いておくとちょっと不安なのですが、これならスマホやホテルの鍵など入れてさりげなく斜めがけできてとても良いです。

しかも、肩がけストラップは取り外しもできるのでディナーの時などのクラッチバック代わりにもなります。いや〜これはめちゃくちゃ気に入りました!

シンプルなデザインなのでもちろん普段使いにも!
IMG_8113
ちなみに、中もこんな感じで上品なブランドロゴがプリントされてます。
これが付録だなんて・・・・
IMG_8114
これに雑誌も付いて1000円以下とは・・・(あれ?逆か?)

ちなみに雑誌の中身はちょっと私の趣味とは違うのですが(特にファッションが。しかもちびっと年齢層が上かな?)、家のリフォーム記事がガーデニング記事など心地よい暮らしに役立つ記事が満載でした♪

とにかく、この付録、自信を持ってオススメしま〜す!(と言っても購入するか否かはご自身のご判断でお願いします!)


読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

スリランカの旅 その4 キャンディのペラヘラ祭

お次はシンハラ王朝最後の都キャンディです。こちらも世界遺産!

1日目  成田→コロンボ スリランカ航空で約9時間半! ニゴンボ泊
2日目  ダンブッラ&シーギリヤ観光          カンダマラ泊
3日目  ポロンナルワ観光               カンダマラ泊
4日目  キャンディ観光                キャンディ泊
5日目  キャンディ観光                カルータラ泊
6日目  コロンボ観光                 カルータラ泊
7日目  カルータラ→コロンボ→成田
8日目  日本着

まずは、キャンディに向かう途中マータレーになる「ラックグローブスパイスガーデン」に立ち寄りました。スパイスガーデンは結構たくさんあるみたいです。
植物園を歩きながらいろいろスパイスの説明をしてくれます。
IMG_8117
これはカカオの木ですね。いろいろな効能などの説明を聞いて、最後はショップへ。シミ・シワ・クマに効くと聞いてしまうとまんまと買ってしまいます。笑
まあ、旅の思い出として。値段は品質が良い(精度が高い)のでしょうけどちょっと高いですね〜
IMG_8115
次に「フンナス・フォール」へ。こちらはかなりマイナーな場所なのでまず日本人には出会いません。
旦那はなぜか滝好きで。。。丘陵地帯にあり、かなり行きにくい場所です。こちらの運転といえばかなり荒いですし、追い越しが当たり前なのですが、山道でさえそれをするので途中の運転がヒヤヒヤしました。
この椰子の道を抜けたところにあります。
IMG_8119
綺麗ですね〜✨
IMG_8121
その後、キャンディに到着。滝にたどり着くまで結構時間がかかったので予定よりもかなり遅れました。
こちらはビューポイントからの眺め。
IMG_8122
この日はキャンディの年に1度のお祭り「ペラヘラ祭」が行われている日。ペラヘラ祭とは吉兆の時間に御神木を立てて神迎をして、その御神木を司祭が担いだし、象の背中に乗せて巡行して様々な祈願をするというお祭りです。
もともと、ちゃんと観る予定ではなかったのですが、途中から旦那が乗り気になり席も確保することにしました。
こちらのキャンディで一番有名なホテル「クイーンズホテル」のツアーデスクでお祭り開始2時間前に予約しました。
IMG_8123
が、しかし、なんとこんな席・・・う〜ん立って観たが見えるのでは??ひとり約5,600円もしたので結構高いんですけどね。。。。日本人だらけでそれが珍しいのか?道路側からこちらを撮影している人が何人かいました。笑 
こちらが観られてる!
IMG_8124
で、パレードの方はこんな火を使ったダイナミックなダンスや、
IMG_8125
対決っぽいダンス、
IMG_8126
電飾で飾られた象さん、
IMG_8127
赤や、
IMG_8130
ブルーもありました。
IMG_8129
パレードは約2時間。結構見ごたえがありました!!!ただ、どうせなら日本から予約していい席を取った方が良いですね。それか、疲れてなかったら立って観ても良いかも?
ちなみに、パレードのある日は時間によっては交通規制がしかれるので車両が街中まで入ってこれません。私たちは契約外なのですが、タクシーの運転手さんがパレードが終わるまで近くで待っていてくれたので良かったです。そうじゃないとトゥクトゥクで帰るしかないので。。。
というのも予約したホテルがちょっと丘の上にあるので途中の道がちょっと怖いので。

そのホテルの部屋からの風景がこちら。
IMG_8135
なかなか素敵です✨
IMG_8134
お部屋をアップグレードしてくれたので快適でした♪

次の日、ホテルをチェックアウトしたら、エントランスでなんとキャンディダンスが!
IMG_8138
結婚式だったみたいでこの後花嫁がホテルに到着しました。
なかなか迫力あって良かったです。
IMG_8137
次はコロンボより南に50kmくらいのところにあるカルータラに向かいます。

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

スリランカの旅 その3 古都ポロンナルワ

お次はポロンナルワです。こちらも世界遺産!

1日目  成田→コロンボ スリランカ航空で約9時間半! ニゴンボ泊
2日目  ダンブッラ&シーギリヤ観光          カンダマラ泊
3日目  ポロンナルワ観光               カンダマラ泊
4日目  キャンディ観光                キャンディ泊
5日目  キャンディ観光                カルータラ泊
6日目  コロンボ観光                 カルータラ泊
7日目  カルータラ→コロンボ→成田
8日目  日本着

まずは、ホテルで朝食!カメラを向けるとにこやかに笑ってくれます(内心結構並んでるのでそれよりも手を動かして〜と思ったけど)。というか、スリランカの方はこういう人が多い。。。
IMG_8094
こちらのガレットっぽい食べ物が美味しかったです。毎朝これでもよかったくらい。
IMG_8095

その後、ポロンナルワへ。アヌラータプラ(こちらも世界遺産。紀元前500年頃栄えていたスリランカ最古の都市です。)とどちらに行くか悩んだのですが、よりホテルから近いポロンナルワにいくことにしました。ポロンナルワは10〜12世紀の間にシンハラ王朝があったところです。一時期はジャングルに埋もれていた時もあったんですって。アンコールワットみたいですね。

こちらは宮殿跡。今は3階前の壁しか残ってませんが7階建ての建物だったとのこと。すごい建築技術だわ。
IMG_8097
こちらは集会所。
IMG_8098
これは狛犬の一種なのかしら?
IMG_8099
こちらはワタダーゲ(仏塔)。コロッセオみたい?4方に入り口がありそれぞれムーンストーンとガードストーンがあります。ガードストーンは悪魔避け。下の写真の入り口にある彫像がそれです。ムーンストーンは輪廻を表すものだそうです。この中にも入れるのですが、靴を脱がなければなりません。スリランカはこの時期、1年で一番暑い時期。焼け付く石は暑さに強い私でも耐えられず、まぢで足の裏を火傷するかと思いました。ちなみに暑さに弱い旦那は最初から中に入ってません。笑
観光する際は靴下を持っていくことをお勧めします。
IMG_8101
こちらはランコトゥ・ヴィハーラ。ポロンナルワで一番大きなダガーバ(仏塔)があります。この形のダガーバはいたるところで見られます。
IMG_8103
ちなみにこちらは漆喰で白く覆われたダガーバのあるキリ・ヴィハーラ。キリとはミルクという意味だそうです。こちらは700年以上も前のままですがなんとオリジナルだそうです!!!!美しい✨
IMG_8107

こちらはランカティラ(寺院)。かなり巨大です。頭のとれた仏像は高さ17.5mもあるのです。
IMG_8108
こちらはカル・ヴィハーラ。4つの石像があります。
IMG_8105
また寝てる。。。こちらの涅槃仏(ねはんぶつ)は全長14m。巨大です。
涅槃仏の枕は必ず北側を向いているそうで、北枕の所以だそうです。
IMG_8106
それにしてもなんとも穏やかな表情ですよね。
IMG_8104
その後はホテルに戻りゆっくり過ごしました。
本当いたるところ岩が迫ってるんです。
IMG_8111
こんな巨大な岩も!大きさがわかるように登ってみました。
IMG_8110
インフィニティープールにももちろん入ってみました(下の写真は朝誰も人がいない時の貴重なものです!)。本当美しいです。すぐ下にはたくさん野生のモンキーがいるんですよ。見ていて飽きません。
IMG_8096
そしてカンダマラ湖のサンセット♪
IMG_7451
次の日はこちらも世界遺産キャンディに移動です。

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6

スリランカの旅 その2 シーギリヤ

ダンブッラ石窟寺院の続きです。

1日目  成田→コロンボ スリランカ航空で約9時間半! ニゴンボ泊
2日目  ダンブッラ&シーギリヤ観光          カンダマラ泊
3日目  ポロンナルワ観光               カンダマラ泊
4日目  キャンディ観光                キャンディ泊
5日目  キャンディ観光                カルータラ泊
6日目  コロンボ観光                 カルータラ泊
7日目  カルータラ→コロンボ→成田
8日目  日本着

その後、まずはランチをいただきました。今回タクシーを4泊5日間でチャーターしているのですが、昼食はドライバーさんがお客さんを連れて行くと無料いただける場所に勝手に連れて行かれます。笑
リクエストすれば自分の好みのお店に行くこともできると思うのですが、正直よくわからないので(あまりどこに行っても大差ない・・・)、お任せしていました。
まずは、ビール。スリランカは現地のライオン・ブリュワリーのビール以外だと必ずカールスバーグが出てきます。ライオンが以前のカールスバーグの子会社カールスバーグ・インディアの株を保有していたらしいです。滞在中何度も何度もカールスバーグをいただきました!
IMG_8067
こちらは典型的なスリランカ料理。基本インドカレーに比べたらかなり水っぽいカレーとスリランカのふりかけ的存在サンボル、チャツネなどをライスとともにいただきます。
代表的なサンボルは削りココナッツにチリとライムと塩を合わせたもの。これがまたとっても美味しい!
手前の揚げてあるスナックみたいなのはパパダン。ウルンドゥ豆のペーストを揚げたものなのですがこれもすごく美味しいです。
IMG_8068
そして、こんなサンボルも!辛いのですがこれまた病みつきになる味です。
IMG_8069
そして、この度の最大の目的シーギリヤに到着!
5世紀の頃この約200mの高さの一枚岩の上に王宮が築かれていたのです。すごいですよね〜
しかも1400年間もの間発見されていなかったというなんとも神秘的な世界遺産です。
TBSの世界ふしぎ発見で見てからどうしても来たかったところです。
IMG_8074
と、シーギリヤロックに登る前にウエディングの記念撮影しているカップルに遭遇!以前旅行の旅にウエディングのカップルに遭遇していたのですが久々です♪
IMG_8071
こんなところを通り抜けていきます!すごいところですよね〜
IMG_8077
階段がしっかりしているので比較的登りやすいかも?でも雨で濡れていたら怖いな・・・・
IMG_8076
岩がこんなにせり出してます!
IMG_8078
さらに階段は続きます。全部で1202段!結構ありますよね〜
ここは以前ライオンの彫刻で入り口が模られていたんですって。前足だけ残っている。
IMG_8080
これが昔の姿です!
IMG_8079
そしてこちらが頂上!!!!ここに王宮があったんですね。
ジブリの「天空の城ラピュタ」のモデルの1つともいわれています。
IMG_8084
上から下を眺めた図。結構高く感じます。
IMG_8083
ちなみに、頂上に行く途中で見られるシギリヤレディはこちら!写真撮影不可なのです「スリランカ旅行まるわかりガイド」さんからお借りしました。
こんな美しい色彩の壁画が残っているなんて!5世紀のものですよ。。。すごいです。本当に美しいです。写真より実物はもっと美しいのです。頑張ってきた甲斐がありました〜
シーギリヤレディは以前は500人描かれていたそうですが残っているのは18人!今後もすっと残していきたいものですね。
シーギリヤレディ
その後、ホテルへ向かいます。途中で象に遭遇!
IMG_8086
で、「ヘリタンス・カンダマラ」へ!あのリゾートホテルの基礎を作ったジェフリー・バワ設計のホテルです。自然と一体化したようななんとも美しいロビーです。
IMG_8088
リゾートホテルにあるあの美しいインフィニティプールはこのバワさんが最初に作ったのです。
シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズもバワさんのおかげですね!(言い過ぎか?)
IMG_8090
廊下にも至るところ岩が張り出しています。こんなホテルなかなかないよな〜
ちなみにホテルの建物の長さはなんと1km!!!!!敷地じゃないですよ、建物!
IMG_8091
次の日はやはり世界遺産のポロンナルワ観光、そしてキャンディに向かいます!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヴィンテージ食器のショップ「Precious Time」はこちらからどうぞ♪
ptlogo6
ギャラリー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
  • 海水浴をテーマにスイーツクリームティー
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ