〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

2015年01月

芸術の街フィレンツェその2 〜ボーボリ公園と世界最古の薬局〜

ミケランジェロ広場の後は夕暮れ時のヴェッキオ橋を通り、
(写真はヴェッキオ箸から見たサンタトリニタ橋)
IMG_6994
エノテカでワインとチーズとお惣菜を購入!ご存知の通りほとんどのレストランが19:00にならないと開店しないので、その前にちょいとホテルで腹ごしらえ(グラスがちょい残念ですが・・・)。このキャンティーが美味いこと美味いこと。。。いつも買っているデイリーワインの4倍くらいの値段するせいか本当に美味しかった〜
IMG_6997
その後、お食事に!旦那も私も大好きな魚介の生パスタを堪能しました♪写真を載せたいところですが、他に載せたい写真がたくさんあるので省略!
ライトアップされたサンタマリアノッヴェラ教会とドゥーモを拝んでからホテルに帰りました。
IMG_7001
全体的にライトアップしていてとっても綺麗です✨
IMG_7012
フィレンツェに行った際は絶対にこ観てください!
IMG_7016
翌日はダンブラウンの小説「インフェルノ」を巡る観光に(既に前日にも観てますが・・・)!
まずはこちらがラングドンが病院で目覚めた時に病室から見えたヴェッキオ宮
IMG_7020
中庭美しい〜
IMG_7030
次はラングドンが逃げ回ったボーボリ庭園。ピッティ宮のお庭です。かなり広くて東京ドーム4個分だそうです。
IMG_7036
シーズンオフのせいかものすごく空いていてゆっくり散策できました。陶磁器博物館のあたりは眺めがめちゃいいです。オリーブと糸杉が見えてこれぞトスカーナ!って感じ?
IMG_7041
こちらはアンナレーナの洞窟。天井のモザイクが美しいのですが、こちらのアダムとイブの彫刻はなんとミケランジェロ作です。
IMG_7063
こちらはブオンタレンティの洞窟。ヴェッキオ宮とピッティ宮を結ぶヴェザーリ回廊の終点です。
IMG_7067
洞窟は3つの部屋で構成されているのですが、外側から見えるのは第2室の入り口迄(中には入れません)。こちらは第1室。フレスコ画とかなりグロテスクな彫刻が面白い。
IMG_7069
第2室にはギリシャ神話のテセウスとヘレネーが抱き合う彫刻。そして、その先にカメラをズームにすると、第3室にあるジャンボローニャのヴィーナス像が見えます!なかなかずっと観ていても飽きない洞窟です。中に入れてくれればいいのに・・・・
IMG_7070
そして、こちらは出口近くにある、「小人モルガンテ」の彫刻。なんともユニークです。なぜか地元の方は「バッカス像」と呼んでいるそうです。バッカスがかわいそう・・・
IMG_7064
その後、昼食にまたまためっちゃ美味しい生パスタを頂いたのですがやはり写真が多すぎるので省略、こちらは食事後に行ったサンタマリアノヴェラ薬局です。世界最古の薬局です。クロアチアで世界3番目に古い薬局に行ったので残すところドイツになる2番目の薬局だけですね!(制覇したいな〜)
入り口は何のへんてつもないのですが、
IMG_7108
中がとにかくスゴい!まるで博物館です。
IMG_7088
アイテムごとに売っている部屋が異なります。
IMG_7090
こちらもステキ〜✨
IMG_7089
中庭にはオレンジの木が!
IMG_7095
ほんとお金とってもいいくらいの素晴しいお部屋でした。
私はお茶をいくつか購入しました。ティールームもあるので時間がある方はこちらでゆっくりするのもいいかもしれません。ほんとフィレンツェ素敵すぎます✨

と、またまた長くなったので残りはその3で!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

芸術の都フィレンツェ♪ その1 感動のウフィツィ美術館

先週、旦那が「今週末は確実にロンドンにいるよ〜」とわざわざ言ってくれたので、急遽フィレンツェに行くことにしました。フライトとホテルを予約したのが出発の3日前、旅行迄指折り数えて楽しむ余裕も無いまま行ってきました!フィレンツェは私も旦那も2回目ですが、数年前に読んだダンブラウンの「インフェルノ」の影響でどうしても行きたいというこに!

今回は初のロンドンシティーエアポートです。ミニキャブで行ったのですがイーブロから片道£35でした。ガトウィックよりも安くて近くて便利かも?

でもって2時間5分でフィレンツェに到着!空港からは中心地迄はタクシーで一律€20(休日は€22)!明朗会計でいいですね〜ちなみにシャトルバスもあるのですが30分に1本しか運行してません。

最初に目指したのはサンタマリアノッェラ教会。駅から歩いてすぐのところにあります。こちらは14世紀に建てられた寄木細工のようなファザードが美しい教会です。
IMG_6863
奥行きは100mもあって、中はシンプルですが、とにかくフラスコががめちゃ美しい✨
IMG_6873

こちらは確か聖母マリアの一生を描いたもの。
IMG_6869

本当に至る所にあるので正直上を観てばかりで首が痛くなりますが、ずっと観てても飽きません。。
IMG_6883
でも滞在時はわずか1日半くらしかないので先を急ぎます。
こちらはフィレンツェのシンボル「花の聖母教会ドゥーモ」。こちらも白・ピンク・グリーンの大理石でできた模様がとっても美しい大聖堂です。残念ながら礼拝堂は修復中でした。中には翌日に入ったので詳細は後ほど。
IMG_6889


その次は今回の最大の目的「ウフィツィ美術館」へ!世界三大美術館といえばいろんな説があるのですが、「ルーブル」「エルミタージュ」「メトロポリタン」「プラド」「ウフィツィ」「ナショナルギャラリー」のうちの3つが選ばれているようです。もちろんどのサイト見ても並ぶのは必至、必ず事前予約しておく用意と書かれているのですが、今回準備不足で予約しておらず、ある程度並ぶのかな〜と思っていたら全く並ばず入れました。芸術を楽しむならオフシーズンはおススメかも?

ウフィツィにはご存知の通りメディチ家の財力を集結させたルネサンス美術が結集してます。私の大好きなボッティチェルリやダヴィンチの芸術がここに!

一番観たかったのがこれ!「プリマヴェーラ」♡ 中央のヴィーナスも美しいですが、何と言ってもその隣の春の女神フローラが最高です!2回目だけど本当に嬉しい!
IMG_6935
ところで、ワタクシ、随分前のブログで「ナショナルギャラリーでプリマベーラがいつでも無料で観られます」と書いてしまったのですが(その時のブログはこちら)、大嘘ついてしまってすいません。ナショナルギャラリーで観られるのは「ヴィーナスとマルス」の間違いです。。。恥ずかしい。。。
そして、こちらがさらに有名な「ヴィーナス誕生」
IMG_6933
ボッティチェルリってほんと女性を柔らかく美しく描く天才ですね。
ちなみにもひとつ、こちらボッティチェルリの「受胎告知」。ちょっとこの聖母マリアの態度が画家によって結構違うので並べてみます。こちらは大天使ガブリエルから報告を受けたマリア様が「えっ、そんな、私なんかが・・・」的な感じでしょうか?
IMG_6943
こちらはダヴィンチの「受胎告知」。もっと前からこうなるのがわかっていたかのようにマリア様はシャンとしてます。「あら、ガブリエル遅いわね。待ってたわよ」的な?
IMG_6945
そしてこちらはシモーネマルティーニとリッポメンミの「受胎告知」。じっと「お前様だよ!」的に見つめるガブリエルと「えっ、ワタシかい?」と身をよじって嫌がるマリア様的な。
IMG_6922
同じテーマでもかなり違ってて面白いです。それぞれの画家の宗教観が描かれてるのかもしれないですね!
そしてもうひとつ、気になっていたのが前回歩く美術史講座でも教えていただいたパオロ・ウェッチェロの「サン・ロマーノの戦い」。こちらは三部作になっていてそれぞれウフィツィ、ルーブル、ナショナルギャラリーに展示されています。これはウフィツィ所蔵の物。
IMG_6921
こちらはナショナルギャラリーです。またルーブルに行くことがあったら必ず観に行かなくちゃ!
IMG_6645
あと、こちらはロリブーナ。16世紀に作られた特別展示室です。現在中には入れませんが目を見張る美しさです。真ん中にあるのはメディチ家のヴィーナス。
IMG_6947
ちなみにウフィツィは廊下のフレスコ画がまた美しいです。
IMG_6909
あとこちらは廊下から観たヴェッキオ橋。これなかなかのビューポイントかも?ピッティ宮殿とウフィツィを繋げていたヴァザーリの回廊もしっかり見えますね♪
IMG_6911
そして、その後フィレンツェの町が一望できるミケランジェロ広場へ。結構歩くと距離ありますが運動がてら歩いていきました。
は〜これど「冷静と情熱の間に」でみた風景ですね♪ストーリー完全に忘れてますが、この風景とエンヤの「フォーラヴァーズ」のメロディーはいまでも頭の中に!
IMG_6982
長くなりましたのでこの続きは「その2」で!

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

英会話学校難民とエクスチェンジカフェ

私は英会話が全くダメでこちらに来てからカランメゾットのスクールに約1年通っていたのですが、前回日本に帰ったのを機に止めてしまいました。

理由は、

①クラスがしょっちゅう閉鎖になり下のクラスと統合される
② 先生の中にあまりにもやる気の無い人がいる(もちろんいい先生もいます)
③外国人と仲良くなりにくい(授業中は先生としか話さないので)

といった感じ。もちろん1年間も通ったので少しは効果はありました。

① レストランの予約が電話でなんとかできるようになった(今でも嫌ですが)
②カフェに気軽に入れるようになった
③ひとり旅ができるようになった(これが私としては一番大きい!)

でも今回止めて他の学校を探すため体験レッスンを受けることに。
ひとつは「West London English School」もうひとは前回も1度受けたのですが「Edwards Language School」です。 ほんとエーブロは語学学校が多くてありがたいです。

まずこちらはWest London〜目の前が公園で環境がいいですね〜
IMG_6747
ちなみにこちらがカランメゾットの「A1 English of school」の入り口。最初ひとりで入って行くのが怖かったのを覚えています。。。。
IMG_6748
そしてこちらが普通のフラットの地下にあるEdwards。
IMG_6820
以前、カランのA1とEdwardsを比較しましたが(★その時の記事はこちら★)、West Ealingの長所短所は次の通り。

「West Ealing English School」
   長所:先生が熱心。授業以外でもメールでものすごくサポートしてくれます。
      環境がいい。カリキュラムがしっかりしている。生徒同士で話時間を多く設けてくれる。
      スピーキングにも力を入れてくれる。
   短所:値段が高い(ただし長期で入れば割引率が高い)

とってもいい学校であることがわかりました。しかも体験レッスンも一週間無料。長く申し込める方には一番おススメです。

Edwardsもフレンドリーでいいのですが、こちらはスピーキングにはあまり力をいれてません。以前も書きましたが話す時間が他の学校に比べて圧倒的に少ない。グラマーも含め総合的に力をアップしたい人向き。それと外国人のお友達ができやすい。また、日本人はグラマーはある程度できてスピーキングを強化したい人が多いので、春以降にハーフタイムのコースにもスピーキング強化クラスを作る予定と行ってました。

といった感じで、結局決めきれず英会話学校難民の私は無謀にもどの学校にもいかないことにきめました(プライベートレッスンをもう一度ちゃんとうけることに)。でもってこれから自分で勉強しなければ
ならないのですが、決意表明も兼ねて書いておきたいと思います。

①レアジョブ(これは昨年3月からずっと続けてます。正直一番効果あるかも?)
②瞬間英会話(あの有名な本のです。結構効果あるような気がするので続けます)
③英語が話せるお友達(Eちゃん)とカフェで英会話
④BBCのドラマ鑑賞(後からサイトでもう一度みられるので勉強になります)
⑤英語の本を読む(子供向けのオズの魔法使いを読んでます。子供向けなのに知らない単語ばかり・・・)
⑥エクスチェンジに積極的に参加
⑦プライベートレッスン(1週間に1回くらい?)

といった感じ。まあもう少し余裕があれば英単語Duo3.0を復活させたいのですが今お休み中。
でもってエクスチェンジはこの間久しぶりに私の英会話の師匠Eちゃんと行ってきました!
彼女はTOEIC900点以上だし、かな〜ち話せます。それでも週5で英会話学校に通っているスゴイ人です。(★前回のエクスチェンジの記事はこちら★)

この日は結構人数が多かったです。全部で20人ちょっと。日本人も6人くらいいました。前回よりもちょっとは話せるようになっていたかな?でもあまり話せなくてもみんなフレンドリーなので安心です。
話すようになるには実践が一番とみな話せる人は口を揃えていいうのでなるべく定期的に通うようにして実践の場を作って行きたいと思います!
IMG_6818


読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

Kirakuで送別会・・・

ロンドンに駐在して1年、今月はIちゃんとKちゃんの2人のお友達が日本に帰ることに。。。仲良くしてくれていたお友達が帰るのはほんと悲しいですね。。。。今回はイーリングコモンの居酒屋「Kiraku」で送別会です。

その前にKちゃん宅ででガレージセール!
IMG_6830
ケーキの型セットや出汁などの調味料、イギリスのガイドブックなどを超低価格でゲット!Kちゃんありがと〜!
IMG_6832
その後、Kirakuに向かいました。この居酒屋は何回か利用しているのですが、前回騒ぎすぎて何度か注意を受け、今回は大人しくしないと不味いかな〜と思っていたのですが、お友達が気を利かせ2階の半個室を予約してくれました。これで安心!

まずはビールで乾杯!
IMG_6834
枝豆に、揚げ出し豆腐〜
IMG_6835
豆腐サラダ、もやし炒め、ちくわ揚げ、唐揚げ!
IMG_6841
なす田楽〜
IMG_6836
豪華なランチも素敵ですが、やっぱ庶民にはこんな居酒屋メニューはたまらんですな〜ワインもたくさん開けました〜その後閉めに焼きそばと焼うどんが!この店の焼うどんはほんと絶品です。(写真撮り忘れ〜)
最後はみんなで写真撮影♪
BlogPaint
ほんと楽しかったです。半個室は気兼ねなく騒げるのでめっちゃおススメ♡

駐在しているからには別れと出会いは日常茶飯事。。。。でもこの短期間にお互い飾らず腹の底から笑い合えて、楽しく飲めるような友達に出会えたことは本当に幸せだと思います。IちゃんKちゃんこれからも末永くよろしくね〜♪

 読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

パリブレスト&プチシューを作る!

またまたRichmondのお菓子教室に行ってきました!
★先生のブログはこちら★) 
こちらは長く続いている習い事のひとつですね。といってもあまり復習してないけど。。。 
今回はパリブレストとプチシューです。 シュークリームは昔何回か作ったけどあまりうまく行かなかったな〜シンプルなお菓子だけどちと難しいほうですね。

ちなみに・・・・
シュークリームは正式名は「シュー・ア・ラ・クレーム」で、ご存知のとおりシューは”キャベツ”です。確かに似てるね。プチシューは「プロトフィール」で”心付け”、エクレアは”稲妻”、パリブレストは自転車レース”パリ・ブレスト・パリ”に由来します。パリブレストのプラリネクリームは選手に体力を付けて欲しくて栄養のあるこのクリームを入れたそうです。つまりそんだけカロリーが高いってことですね。
(wiki先生より) 

まずはシューづくり!とにかく高速で捏ねます。高速にしないとすぐ焦げ付いてしまいます。
IMG_6775
さらに卵を入れてこねこね。こちらも超高速で捏ねて分離しないようにします。
IMG_6779
艶がでるまで混ぜたら(この見極めが大変なんだけどね〜)、絞り出して焼きます。
パリブレストは輪っかを2重にするんですって!知らなかった。
IMG_6783
プチシューはほんと一口サイズ。めちゃかわいい〜
IMG_6792
でもって焼き上がり!だいたい1.3倍くらいには膨れますね〜。でもこの焼き具合がこれまた難しい。
ご存知の通り途中でオーブンのドアを開けて温度を下げてしまうと萎んで二度と膨らんでくれません。
IMG_6795
焼き上がりはほんとカリッカリッ!
IMG_6809
その後、パリブレストにはプラリネクリーム、プチシューにはカスタードクリームを絞って出来上がり♪
IMG_6802
ほんとかわいい〜食べるのもったいない!
IMG_6813
でも出来上がりは一番美味しいので両方ともいただきました!
IMG_6815
と〜って美味しかったです。こちらのお教室かなり本格的レシピです。なのでクリーム系はちょっと手間がかかるけどお味がほんとに絶品!あ〜早く今迄習ったの復習しないとな〜
旦那が甘いもの好きじゃないのがちょっと張り合いなくなりますよね〜(と、人のせい・・・・)

でもほんと、こちらのお教室に出会えてよかったです。こんな本格的なお菓子日本で習ったらめっちゃ高いので・・・

次回のレッスンも楽しみです♪

読んでいただきありがとうございます!ランキングに参加してます。
励みになりますのでこちらの画像を↓ポチッとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
  • ヒルトン東京のシンデレラデザートビュッフェ
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約