〜 Precious Time 〜

Precious Time それはかけがえのない大切なひととき。美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、毎日を楽しむ!というステキな時間の過ごし方(目標!)を日々綴っていきます♪

BATHへお風呂を入りに行ってきました!その1

今朝起きたらなんと、水が出ません。。。お湯ではなく水そのものがでないんです。。。
コンシェルジュに理由を聞いたら水道管が破裂したとか・・・水を配ってました。

もともとBATHに数年前にできた温泉(Thermae Bath Spa)に行こうと思ってたので
帰ってくるまでに直ってますように・・・
と祈りながら旅立ちました。

ちなみに、Spaの入場料が4時間で£37、タオルとバスローブ、スリッパを借りると
プラス£9ということで馬鹿にならないのでタオルと羽織るもの、スリッパは持参しました。

BATHは私の住むEaling Broadwayから車で約2時間。とってもキレイな街です!!!!

駐車場は結構たくさんありますが、午後になるとかなり一杯になってしまうようで午後1時
くらい到着した私たちはぎりぎり入れた感じでした。料金は6時間で£7.6くらい?8時間で
£9.9でした。お風呂も入るし、食事もしたいので8時間にしました。

こちらは街のシンボルの教会。なかなか趣があります。£5くらいで中も見学可能!
IMG_4371

こちらは街の通りです。結構オシャレでカワイイショップが並んでます。
IMG_4420

こんな小径もたくさんあってワクワクします。
IMG_4375

こちらはThe Roman Baths Bath  一番の見所で、ローマ時代に使われていた
大衆浴場の遺跡?が見学できます。未だにお湯が湧き出てるんです!
(右はエントランスの天井)

IMG_4380IMG_4390

左は日本語ガイドツール。料金は入場料に含まれています。右は冷水浴!
なんか神秘的でステキです。
IMG_4382IMG_4417

左はここのシンボルのレリーフです!右は私が一番好きな歴史上の人物カエサルの
像です。あと、温泉も飲めるコーナーがあります。ちょっとあまり美味しくないですが…
IMG_4401IMG_4388


最初あまり期待してなかったのですが、私はもともと歴史が好きですし、テルマロマエ
もめっちゃ好きだったので想像以上に楽しくかなり見応えがありました。

是非BATHに行った際はお立ち寄りください!

長くなったので次につづきます!

読んでいただきありがとうございます!
励みになるのでこちら↓ポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

ポークとリンゴのノルマンディー風もどき・・・

先日のことですが、M&Sでとってもりんごが美味しそうだったのでSTAUBで
ポークのノルマンディー風をつくることにしました。

私は豚ちゃんとリンゴの組み合わせがめっちゃ好きです♪
IMG_4297


<材料(2人分)>
 豚肉       250g
 薄力粉      適量
 リンゴ      1.5個(薄めの櫛切り)
 じゃがいも    小さいのだったら3〜4個ぐらい
 タマネギ     1個(大きめに切る)
 マッシュルーム  7個くらい(縦半分)
 ニンニク     3かけ
 にんじん     小さめの2本(適当に切ってください!)
 シードル     200〜300ml
    塩・胡椒     適量
 バターまたはオリーブオイル  適量
 ローズマリー   2枝くらい

<作り方>
 0.  豚肉に塩胡椒&ローズマリーをまぶして常温に置いておく。
 1.  鍋にバターまたはオリーブオイルをいれニンニクを炒め香りだでてきたら
  一口大に切って薄力粉をまぶした豚肉を入れ軽く焦げ目がつくまで炒める。
 2. 1にタマネギを入れて炒め、その後にんじん・マッシュルームを入れて炒める。
  ここで適当に塩胡椒。
 3. 2にリンゴをいてて炒め、その後シードルを入れ、ジャガイモを入れて蓋をして
  弱火で煮込む。
 4. ジャガイモが柔らかくなったら出来上がり!
  (本当のノルマンディー風は最後の生クリームを入れます!今回は省略)

IMG_4336

こちらが飲むのも料理に使うのも好きなシードルことサイダー(CIDRE)です!

IMG_4301

トロトロりんごがいいアクセントになってます!

が、しかし・・・旦那は固まり肉があまり好きではないと言ってほとんど野菜しか
食べなかった・・・りんごと豚は美味しいのに〜

薄切り肉が気軽に買えないこの国ではこの先大変だわ・・・


読んでいただきありがとうございます!
励みになるのでこちら↓ポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

Coffee and walnut cakeにチャレンジ!

こっち来てから、将来のためにも毎週1回は何かスイーツを作ろう!って思って
いるのですが、今日はイギリスやアメリカでとっても人気のある(ってwebに書いてあった)
ケーキのひとつ である「Coffee and walnut cake」を作ってみました。

レシピはBBCのレシピ(レシピはこちら)を参考に あまりたくさん作ると肥るので、
直径15cmのケーキ型で焼きました。なので分量を変えましたし、ちょっと若干アレンジ
してみました。
ちなみにダイエット?を考えてちょっと少なめの分量で作ってます。直径15cmでちゃんと
した量がよい型は下記分量の1.3〜1.5倍にするといいと思います。

<材料>※バターはすべて無塩です。
①生地 
 バター・薄力粉・砂糖   各80g
(バターは一部生クリームに、砂糖はまたまたブラウンシュガーを使用)
 ベーキングパウダー    小さじ1/2
 卵            2個
 インスタントコーヒー   小さじ山盛り2をお湯30ccで溶く
 くるみ(ローストする)  40g
 飾り用くるみ       適量

②シロップ
 インスタントコーヒー   小さじ山盛り3をお湯100ccで溶く
 砂糖           50g
 洋酒           適量お好みで!
 → これらを約半量になるまで煮詰める 

③コーヒーバタークリーム
 バター          80g
 アイシングシュガー(粉砂糖)100g
 インスタントコーヒー  小さじ2を小さじ1のお湯で溶く
 → バターを砂糖をふんわりするまでまぜまぜしてその後コーヒーを入れてさらに混ぜる

<作り方>
1. 室温に戻しておいたバターを砂糖と一緒に練る。できればふんわりするまで。
  IMG_4329

2. 1に室温に戻して解きほぐした卵を少しずつ入れて混ぜる。
3. コーヒークルミを混ぜてその後薄力粉&BPを混ぜる(ふるってね〜)。
  IMG_4324

4. 型に入れて180℃に予熱したオーブンで25分〜35分焼く。
  IMG_4325IMG_4328

5. 焼き上がったらすぐ型から外してシロップを塗る
6 .完全に冷めたら半分にスライスして、間にシロップを塗りその後バタークリームを塗る。
  IMG_4330

7. 上っ側も重ねてさらにバタークリームを塗り、くるみを飾って出来上がり!
        IMG_4332
  
カットするとこんな感じです。
        IMG_4335

うんまぁ!美味しくできました!が、やはりちと甘かなぁ〜????

バタークリームは砂糖の量を通常の3分の2にしたんですがまだちょい甘いかも・・・
でもこれ以上減らすと緩くなりすぎるからなぁ・・・
他のレシピでバタークリームでバターの代わりにマスカルポーネを使ってるレシピが
あったので次はバターとマスカルポーネを混ぜてみたいと思います。
あと、間のシロップはいらないですね。これも甘い原因のひとつなので。

でもほんとケーキ作りって楽しいわ〜  
来週は何作ろうかな〜

読んでいただきありがとうございます!
励みになるのでこちら↓ポチッとお願いします!

    にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
     にほんブログ村
ギャラリー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
  • 三井倶楽部で素敵なディナーパーティー
プロフィール
IMG_5503 (2)


Author : Yocco

Welcome to "Precious Time"

2013年8月までは20年間とある企業でがむしゃらに働き、その後渡英、2015年8月に2年弱住んでいたロンドンから日本に帰ってきました。ロンドンで学んだ美しい自然を愛でながら、古いものを大切にし、人生を楽しむというステキな時間の過ごし方を日本に帰ってからも少しずつ実践して行きたいと思います。

今は、ステキなTea Timeを演出するヴィンテージやアンティークの雑貨を販売しています。
 
Tea Timeをもっとステキに!ヴィンテージショップ「Precious Time」
Precious Time
Facebookコミュニティ♪アフタヌーンティー大好き♡
11751440_853662121385579_9130920214019991029_n

アフタヌーンティー予約
ブログ村ランキング
  • ライブドアブログ